住職の日記

次男が継いだ本家の墓 和歌山市永代供養

永代供養墓「ゆずり葉の碑」にご興味のある方は、
ネット上で見るだけではなく、ぜひ住職の説明も聞きにいらしてください。
「お寺に行ったら契約させられる。」
大丈夫ですよー。そんなことはありませんから。

img_0662

昨日いらした女性は、ご両親のお墓のことで悩んでおられました。
その方のお父様が長男で実家のお墓を継いだのですが、
子供はその方も含めて女ばかりなので、いずれ次の担い手がいなくなってしまいます。
そこでお父様は、男子のいるお父様の弟に実家のお墓を任せることにしたそうです。

そうなると、今度は自分たちのお墓をどうするのか、考えなくてはなりません。
お父様としては、弟が守る実家の墓に入れてもらえたらいいと言っているそうですが、
相談者さんとしては、弟さん(伯父さん)の家に気を使うので
別にお墓を作りたいと思っているのです。
その場合は永代供養墓でないと、お墓の跡継ぎがなくなってしまいます。

お父様と娘である相談者さんの間で、
お墓について話し合う必要がありそうですが、
相談者さんもどうするべきか、まだ悩んでいるようでした。

img_0661

「また進展があれば相談させてください」ということで、
お帰りになりましたが、このようなケースも多々あるのです。

 

いつもお花がいっぱい永代供養付きの小さなお墓 ゆずり葉の碑
ページの先頭へ

ホームへ戻る