相談ファイル

離壇をストップ?(和歌山市の永代供養)

寺より寄付の請求があったタイミングで、
お墓の引っ越しを考える方が多いですが、Iさんもそんなお一人でした。

「支払いがきつくて。しかも振り込み用紙に『強制』って印が押してあるんです。」

寄付は寺院だけでなく、世間一般のボランティア団体や慈善事業の組織などにも行われますが、
あくまでも寄付する側の善意であって強制されることはありえませんよね。
ですから「強制」と印が押してあっても、重い負担を背負ってまでする必要はありません。
※私としてはそのような印を押す寺はおかしいと思います。
「ありのままに苦しい事情を伝えればご住職もわかってくれますよ。」
Iさんにはそう伝えたのですが、よくよく聞いてみると
寄付のこと以外にも普段から寺に対して腑に落ちない点が多々あるようで、
今回のことでいよいよ決断したようでした。

墓地を引っ越すことは、ある程度の手間がかかりますが、
決められた手順をふめば必ずできます。
Iさんにはお墓の引っ越し(改葬)の手順をお伝えし、
まずはご住職にその旨をお伝えすることをすすめました。

IMG_0115

数日後、Iさんからお電話があり、驚くべきことを伝えられました。
Iさんがご住職に墓を引っ越したいと伝えたら、
「最近そのような話があまりにも多いので、離壇を一時ストップしている」
と言われたそうです。
もしどうしてもということなら「離壇料を納めてください」といい、
これまた大きな額を言い渡されたそうなのです。

これでは寺のやりたい放題だと思ってしまいます。
離壇(檀家を離れる)することをストップする権利は、
もちろん寺にはありません。
離壇料も支払う義務はありません。
もし支払うとするならば、いままでお世話になった気持ちを込めて
負担のない範囲でお包みする程度ではないでしょうか。

結局Iさんは、すぐに引っ越すことはあきらめました。
気の毒に思いますが、似たような話は他にも耳にした経験が多々あります。

私たち寺院は、なぜ墓を引っ越す人が増えているのか、
また、なぜ寺ばなれが進むのか、それを真剣に考えない寺院の運営はますます厳しいものになるでしょう。

お墓じまい(和歌山市永代供養)

今朝のNHKの番組「あさイチ」で特集の内容が「お墓じまい」
だったので興味深く見ていました。
当寺にもお墓じまいの相談が数多く寄せられ、
すでに多くの方のお墓じまいをサポートしてきましたからね。

番組内では、実例を交えながらお墓じまいの手順が紹介されていきましたが、
お寺やお坊さんには全く触れられずに進行されていくことが
気になりながら見ていました。
終盤になってやっとお寺のことが出てきたな!と思えば、
お寺との「トラブル対策」の紹介で、なんだかがっかりです。
がっかり、というのは番組に対してではなく、
お寺やお坊さんに対してですよ。

高額な離壇料を請求された一件が紹介されていましたが、
たしかに私も同じ事例を相談されたことがあります。
その時の私の答えとしては、「支払う必要はない」でした。
しかし、相談者さんとしてはお寺ともめることは避けたいとのことで、
いくらかの「お礼」をお支払いしました。
それがいくらだったのかは聞いていませんが、
相談者さんにとって負担の少ない金額だったそうです。

当寺の墓地でお墓じまいをして、
遠方へ引っ越される方もありますが、
離壇料などというものは請求したことがありません。

今後はお坊さんが誠実な対応をしていなければ、
お寺の経営は難しくなる一方だと思われます。
私も気を引き締めなければなりませんが、
全国のお坊さん方ももっと危機感を持ちましょうよ!

事故現場の供養 和歌山市永代供養墓

永代供養墓「ゆずり葉の碑」にお墓を申し込まれたOさんからお電話がありました。
「変なことをお尋ねしますけども・・・。」
そう言って切り出されたのは、次のようなお話しでした。

先日納骨をした義母は、実は事故死だったこと。
自宅のお風呂場で転んだのが原因で、家族が留守だった為に発見が遅れたこと。
遺品の整理を含め、自宅を清掃しようとしたところ、
近所の人にこう言われた。「お風呂場で供養はしたのか?」

そういう訳で、
「事故現場であるお風呂場でお経を読んでもらった方がよいのでしょうか?」
という相談でした。

お答えとしては、その必要はありません。
ただ、Oさんとしては大変気になっているご様子だったので、
私もできるだけ丁寧に説明をしたつもりです。

お母さまの事故はとても残念です。
もう少しはやく発見してあげていれば、
もうしかしたら一命をとりとめたかもしれない、
という思いもあるかもしれません。
私たちの命は阿弥陀さまの「必ず極楽浄土に救い取る」という誓いのままに救われていく命です。
今はお母様もきっと極楽浄土から見守って下さっているでしょう。
仏になられたお母さまの願いは一つだけ。「幸せになって」
その一心で見守ってくださっています。
それを信じることができない人を仏教では「迷っている」と言います。
ですから、お風呂場で成仏していないということはありません。
お経を読む必要もありません。

このような趣旨のことをお伝えしたところ、
Oさんも少し安心してくださいました。
今回のことは、お浄土よりお母さまが届けてくださった尊いお仏縁なのかもしれませんね。

和歌山市営墓地にて 永代供養墓

「70年前に建てた兄のお墓を墓じまいしたいので」
Oさんのご要望で和歌山市営墓地に行ってきました。

長い間お墓参りを続けてきたけれど、
自分も歳をとり、墓地まで来るのが大変になってたのだそうです。

それは本当に小さなお墓でしたが、
周囲はきれいに清掃され、きれいなお花がお供えされていました。

お墓の前で最後の読経をし、
この辺りにお骨があったであろうと思われる場所の土を袋に納めました。
Oさんは当寺の永代供養墓「ゆずり葉の碑」に夫婦墓を申し込んでおられますので、
同じ場所に納骨することにしました。

「いつかは同じ場所に眠ることになるなぁ。」
そう言ってOさんは笑顔でした。
まだまだお元気なOさん夫妻です。
倶会一処という言葉もありますが、
もうしばらくお兄様に見守っていただきましょうね。

10-15

本日は秋晴れです。
午後にお見送りが一名あります。

宗派を問わず受入れております 和歌山市永代供養

お墓の相談に来られる方には、
様々な宗派の家の方がいらっしゃいます。
中でも浄土宗、真言宗、禅宗の方は特に多い印象です。

当寺は浄土真宗本願寺派ですが、
「他の宗派でも納骨できますか?」とよく聞かれます。

永代供養墓「ゆずり葉の碑」の場合、
納骨後のお勤めはすべて浄土真宗のお経になりますので、
その点をご了承くだされば、どのような宗派でも受け入れております。

お申し込みを頂いている方々には、様々な宗派がありますが、
たとえば、「うちは絶対に真言宗のお経でないと」というような方はなく、
どちらかと言うと、宗派にこだわりのない方が多いです。

誤解のないように申しておきますと、
当寺は決して浄土真宗の教えを軽んじている訳ではありません。
宗祖である親鸞聖人の残した言葉を学べば学ぶほど、
他宗派の方や宗派にこだわりのない方、また仏事に感心のない方こそ
ご縁を頂くべきであると考えます。
そして、浄土真宗の教えを押しつけるつもりもありません。
親鸞聖人は弟子は一人もいないとおっしゃいました。

親鸞は、弟子と名づけるものは一人も持っていない。
そのわけは、親鸞のはからいによって、
その人に念仏させるようにしたのであれば、
それこそ自分の弟子であると言ってもよかろうが、
ただ阿弥陀如来のおはからいによって念仏している人をさして、
自分の弟子であるなどと言うことは、
実にもっておこがましいことだからである。
(歎異抄より)

宗派は、いま生きている私たちが誰に学ぶかということで変わってきます。
もし、先祖代々の宗派を自分の代で変えてしまったら、ご先祖に申し訳ないと
考えていらっしゃるのであれば、それはあたらないでしょう。
亡き方の願いはいつも一つだけ。「幸せになってね」
その願いにおこたえできる人生であるように、様々な教えが残されているのであり、
それが宗派の違いにもなっています。

創価学会員なのですが 和歌山市永代供養

今日ご相談に来られた方は、
創価学会の会員さんなのだそうです。

ご主人のお墓を考えているのですが、
ご主人は学会員ではなかったそうで、悩んでいらっしゃいました。

相談者さんとしては、
永代供養墓ゆずり葉の碑に受け入れてもらえるのか、
そこが気になるところでした。

おこたえとしては、
そのようなケースでも受け入れさせて頂いております。
しかし、墓前でのおつとめや、セレモニーはひかえて頂いております。
さらに、お墓の料金に含まれているお盆やお彼岸、年忌のお勤めは、
浄土真宗のお勤めをいたします。
それでもよければ、ということでご縁を頂いております。

 

やっぱり土に還りたい 和歌山市の永代供養墓

昨日、相談に来られたSさんは、
今年に入ってご主人を亡くされ、
それ以来お墓のことで悩んでいるようでした。

長年和歌山で暮らしてきたS家でしたが、
長男さんは今は神戸で暮らし、お孫さんもあります。
娘さんは結婚して他家に嫁いでいます。

当初Sさんは、家のすぐ近くのお寺でお墓を建てようと考えましたが、
長男さんに「お墓参りが遠くて大変だし、檀家に入るのもおっくうだ。
孫の代に負担を残したくない」
と言われて考えなおしたそうです。

そこで京都の大谷本廟にある納骨堂はどうかと思い立ちました。
S家は代々、浄土真宗の本願寺派でしたので思い当たったのです。
実際に見に行き、長男さんも「京都なら位置的には日本の真ん中ぐらいだから、
将来息子がどこに住んでもお墓参りに来れるだろう」
ということで、同意してくれたそうです。

しかし数日経つうちに、Sさんはだんだん迷ってきました。
「納骨堂ということは、お骨は壺に入ったままずっと置かれることになる。
やはり人間土の上で暮らしているのだから、最後はやっぱり土に還るほうがいいな」
と考えるようになったのです。

それを長男さんに伝えたところ、
「もう!お母さんは一回決めた事をころころ変えて!」
と怒られてしまったそうなのです。

でもSさんの気持ちも分かりますよね。
ご主人のお骨を抱え、この先どうしたら良いのか。
Sさんの友人には「子供のお墓のことまで考えずに、
和歌山で自分たちだけ永代供養してもらったらええやん」
と言う人もいるそうで、ますます悩んでしまうのです。

結局昨日は、結論には到りませんでした。
Sさんのように家族が遠方に暮らすケースが多くなったいま、お墓の問題は切実です。

葬儀社の手配僧侶 和歌山のお墓(永代供養墓)

「ご縁のお寺さんはありますか?」
と、葬儀社にお葬式を依頼すると必ず聞かれます。

この時もし、今までお寺と付き合いがなかった場合は、
葬儀社さんに手配をしてもらうことになるのですが、
当然どんなお坊さんに当たるのかは分かりません。

当寺に相談に来られる方の中には、
「お通夜と葬儀は、葬儀社に手配していただいた僧侶で行ったけれど、
満中陰からはこちらでお願いしたい」
と言う方が意外と多くあります。

まだ当寺にお墓を決めた訳でもなく、
今後のことは全く決まっていないにも関わらずそう言うのです。
よくよくお話しを聞いてみると、要するに
「お坊さんを変更したい」という訳ですね。

その理由は様々ですが、
「とても遠方から来られたお坊さんだったから」
「こわいお坊さんで、間違ったことを言うと怒られた」
「なんとなく頼りない」「信頼できない」
中にはお坊さんの心ない対応に
とても立腹されている方もありました。

実は私も葬儀社に手配されることが多々あるのです。
同じ僧侶としては気をつけねばなりません。

永代供養墓「ゆずり葉の碑」を含めて当寺にご縁のある方は、
葬儀社に「ご縁のお寺さんはありますか?」と聞かれたときには、
「はい、本町の善称寺です」と伝えていただきたい。

その時には、誠心誠意お勤めさせていただきます。
少なくとも、どんなお坊さんが来るのか分からない、
ということはありませんので。

「もしもの時には頼める僧侶がいる」
「日頃から分からないことがあれば気軽に質問できる僧侶がいる」
そんなちょっとした安心感をお届けできれば幸いです。

私は最近、とても信頼できる植木屋さんとご縁がありました。
今後は境内の植物のことなど相談しようと思っています。
他にも、電気工事の専門店や、水回りのトラブル関係など、
それぞれに頼むところは決まっています。
お坊さんも、それぐらい気軽に頼っていただきたいものですね。

内縁関係の場合 和歌山のお墓(永代供養墓)

和歌山市内にお住まいのTさん(68歳女性)が、
他府県に暮らす弟さんのお墓のことで相談に来られました。

弟さんは現在65歳で、
籍は入れていませんが同居している女性がいるそうです。

先日、Tさんがその同居の女性とお墓の話をしていると、
「私は実家の墓に入れてもらいます。」
そう言われたそうです。
では弟の墓はどうなるのか、
姉としては心配になってお寺に訪ねてこられたという訳でした。

永代供養「ゆずり葉の碑」に申込まれている方の中にも、
内縁関係のお二人はいらっしゃいます。
それも一組や二組ではありません。

籍を入れていないとはいえ、
長年夫婦同然に暮らしてきた訳ですから、
同じお墓に入りたいという気持ちは、
一般の夫婦と変わりません。
お二人一緒にお申込みいただければ嬉しいことです。

しかし今回のTさんの弟さんのケースのように、
女性が実家の墓に入るという場合は、
内縁の夫が同じ墓に入るということは難しいでしょう。
Tさんもそれには抵抗があるそうです。

当寺で永代供養をする場合は、
合葬墓の「縁」、もしくは個人墓の「灯」に
お申込みいただくことになるでしょう。

希望があれば、
内縁の妻である女性のお骨を少しだけ分骨し、
お二人並んで納骨ができる
夫婦墓の「絆」にお申込みいただくこともできます。
その場合墓石には、生前のお名前を刻むか、
または法名で刻むという選択もできます。

Tさんにそのような事をお伝えしたところ、
「弟が元気なうちによく話し合ってみます。」
ということでした。

Tさんは今までも、本当に様々な事があり、
離れて暮らす弟が心配でならないそうです。
私としましても、一日もはやく安心できる日が来ることを願っております。

ご先祖の永代供養を 和歌山のお墓(永代供養墓)

以前お電話でお問い合わせを頂いたKさんが
昨日お寺を訪ねてくださいました。
当初は、「ご先祖の永代供養をお願いしたい」とお願いされましたので、
「はい分かりました」と了承しました。
ところが永代供養されるご先祖さまは何人かと訪ねると、
「多すぎて分からない、少なくても15人以上かなぁ」
とおっしゃるので、詳しくお話しを聞くことにしたのです。

Kさんは80才(女性)で、和歌山市内で一人暮らしをされています。
大阪のお寺に実家のお墓があり、それが先祖代々のお墓であったそうです。
しかし、和歌山からお墓参りするのには遠く、
電車を利用するのも年々大変になってきたので、
住職さんにお願いして永代供養をし、
お墓じまいを済ませたのだそうです。

そこまで聞くと「あれ?」と思ってしまいます。
ご先祖さまはすでにちゃんと永代供養されているのですから。

そう言うとKさんは、
「お仏壇にたくさん位牌があるので、こちらを供養しなければならないのでは?」
とおっしゃるのです。

そういうことでしたか。
Kさんには、ご先祖さまの永代供養は一度すれば十分であること、
お仏壇の位牌は、引き続き置いておいても良いし、
困るようであればお寺で引き取ることもできることをお伝えしました。

Kさんには大変喜んで頂きましたが、
このように、お位牌にご先祖さまが宿っていると考える人は珍しくありません。
しかし浄土真宗では「亡くなれば即往生」です。
亡き方はお墓やお仏壇に住むのではなく、お浄土に住むと教えられます。

お仏壇は、阿弥陀さまをご安置するところです。
Kさんには、今後もご先祖さまと阿弥陀さまに
お浄土から見守られる日々を送って頂きたいですね。

 

ページの先頭へ

ホームへ戻る