住職の日記

宗派を問わず受入れております 和歌山市永代供養

お墓の相談に来られる方には、
様々な宗派の家の方がいらっしゃいます。
中でも浄土宗、真言宗、禅宗の方は特に多い印象です。

当寺は浄土真宗本願寺派ですが、
「他の宗派でも納骨できますか?」とよく聞かれます。

永代供養墓「ゆずり葉の碑」の場合、
納骨後のお勤めはすべて浄土真宗のお経になりますので、
その点をご了承くだされば、どのような宗派でも受け入れております。

お申し込みを頂いている方々には、様々な宗派がありますが、
たとえば、「うちは絶対に真言宗のお経でないと」というような方はなく、
どちらかと言うと、宗派にこだわりのない方が多いです。

誤解のないように申しておきますと、
当寺は決して浄土真宗の教えを軽んじている訳ではありません。
宗祖である親鸞聖人の残した言葉を学べば学ぶほど、
他宗派の方や宗派にこだわりのない方、また仏事に感心のない方こそ
ご縁を頂くべきであると考えます。
そして、浄土真宗の教えを押しつけるつもりもありません。
親鸞聖人は弟子は一人もいないとおっしゃいました。

親鸞は、弟子と名づけるものは一人も持っていない。
そのわけは、親鸞のはからいによって、
その人に念仏させるようにしたのであれば、
それこそ自分の弟子であると言ってもよかろうが、
ただ阿弥陀如来のおはからいによって念仏している人をさして、
自分の弟子であるなどと言うことは、
実にもっておこがましいことだからである。
(歎異抄より)

宗派は、いま生きている私たちが誰に学ぶかということで変わってきます。
もし、先祖代々の宗派を自分の代で変えてしまったら、ご先祖に申し訳ないと
考えていらっしゃるのであれば、それはあたらないでしょう。
亡き方の願いはいつも一つだけ。「幸せになってね」
その願いにおこたえできる人生であるように、様々な教えが残されているのであり、
それが宗派の違いにもなっています。

いつもお花がいっぱい永代供養付きの小さなお墓 ゆずり葉の碑
ページの先頭へ

ホームへ戻る