お葬式

葬儀社の手配僧侶 和歌山のお墓(永代供養墓)

「ご縁のお寺さんはありますか?」
と、葬儀社にお葬式を依頼すると必ず聞かれます。

この時もし、今までお寺と付き合いがなかった場合は、
葬儀社さんに手配をしてもらうことになるのですが、
当然どんなお坊さんに当たるのかは分かりません。

当寺に相談に来られる方の中には、
「お通夜と葬儀は、葬儀社に手配していただいた僧侶で行ったけれど、
満中陰からはこちらでお願いしたい」
と言う方が意外と多くあります。

まだ当寺にお墓を決めた訳でもなく、
今後のことは全く決まっていないにも関わらずそう言うのです。
よくよくお話しを聞いてみると、要するに
「お坊さんを変更したい」という訳ですね。

その理由は様々ですが、
「とても遠方から来られたお坊さんだったから」
「こわいお坊さんで、間違ったことを言うと怒られた」
「なんとなく頼りない」「信頼できない」
中にはお坊さんの心ない対応に
とても立腹されている方もありました。

実は私も葬儀社に手配されることが多々あるのです。
同じ僧侶としては気をつけねばなりません。

永代供養墓「ゆずり葉の碑」を含めて当寺にご縁のある方は、
葬儀社に「ご縁のお寺さんはありますか?」と聞かれたときには、
「はい、本町の善称寺です」と伝えていただきたい。

その時には、誠心誠意お勤めさせていただきます。
少なくとも、どんなお坊さんが来るのか分からない、
ということはありませんので。

「もしもの時には頼める僧侶がいる」
「日頃から分からないことがあれば気軽に質問できる僧侶がいる」
そんなちょっとした安心感をお届けできれば幸いです。

私は最近、とても信頼できる植木屋さんとご縁がありました。
今後は境内の植物のことなど相談しようと思っています。
他にも、電気工事の専門店や、水回りのトラブル関係など、
それぞれに頼むところは決まっています。
お坊さんも、それぐらい気軽に頼っていただきたいものですね。

仏法に明日はなし

今週はお葬式の多い週でした。

昨年、ご主人を亡くされた方がこんなお話しをされました。
「主人が亡くなってから、親戚や友人の葬式が続いたんですよ。
葬式がこんなに続くなんてこと滅多にあるもんじゃない。
主人が呼んでるのかしら。」

ご主人が呼んでる、なんてことはないと思いますが、
やはり一般の人にとって死は、滅多に出会わない出来事だと
いうことでしょうか。

さきほど、今週はお葬式が多い、と書きましたが、
僧侶の私にとって死は、いつでも起こりうる出来事です。
ですから私自身の命も、明日も必ずあるとは到底いえません。
それだけに今日という日は、尊いものなのでしょう。

浄土真宗で言われる「仏法に明日はなし」という言葉も、
同じような意味なのだと思います。

お彼岸にお見送り

お彼岸も山場を越えたところで、
昨日はまたご遺体の搬送がありました。

故人の唯一の身内である方は北海道在住の為、
今日はどなたのお見送りもありません。

明日の午後には身内の方が到着するので、
一緒にお見送りをして、その後
永代供養墓「ゆずり葉の碑」に納骨する予定です。

このような場合、
故人が入所されていた施設のケアマネージャーさんは、
身辺整理や葬儀社の手配などで本当に大変だと、
担当の葬儀社さんから聞きました。
本当に頭のさがる思いです。

そのおかげで、きちんと手順をふんでお見送りができるのですから。

3.21聖徳太子

安置室に入るときは、
必ずこの聖徳太子ご絵像の前を通ることになります。
当寺でも、仏教伝来の祖としてお奉りしています。

悲しみを乗り越えて

ここ数日はお葬式が続いていました。

善称寺の僧侶は私一人の為、
通夜や葬儀の時間が重なると、
どうしてもお断りせねばならない場合があります。
やはり、檀家さまや、永代供養墓「ゆずり葉の碑」に
ご縁を頂いている方のお葬式が優先になるので、
葬儀社さんを通じて初めてご依頼をくださった方には、
大変申し訳なく思っております。

昨日のお葬式は、まだお若い方のお葬式でした。
職業柄、さまざまなお葬式のご縁に会わせていただきますが、
故人がまだお若いほど、ご遺族の悲しみは深いものです。
当然といえば当然です。

情けないことですが、
そんな時、僧侶にできることと言えば、
ご遺族と共に悲しみ、誠心誠意お勤めをすることぐらいです。

今後はご家族みんなで助け合って、
少しずつでもこの悲しみを乗り越えていただきたいものです。
その姿を故人が見守っていてくれていることを信じています。

お父さまのお導き

M家のご夫婦は、
昨年中に奥さまのご両親のお墓のことで
相談に来てくださいました。

その時は、一通り永代供養墓のご説明を聞いていただいて、
お帰りになりました。

先日、M家のご主人からお寺にお電話があり、
奥さまのお父さまが亡くなられたとのことで、お葬式のご依頼でした。

お寺とお付き合いのない方の場合、
葬儀社さんにお任せすれば、僧侶の手配もしていただけます。
ですからお寺としては、以前一度お話しをしただけの間柄なのに、
お葬式という大事な法事に指名していだけるというのは、大変嬉しいことなのです。
人が亡くなっているのに「嬉しい」とは妙な表現ですが、
これは「心が温まる思い」ということです。

そして責任重大です。
大切な人をお見送りする唯一の機会を任された訳ですし、
お葬式は僧侶によって全然違う印象になるものだからです。

お仏縁、という言葉がありますが、
その言葉の通り、故人さまが私たちにくださった
尊いご縁を無駄にせぬよう誠心誠意勤めさせていただきました。

その後、M家のご夫婦とお母様がお寺に来られて、
永代供養墓の「夫婦墓」の申し込みをされました。
その際には、今後の法事のことやお仏壇のことなど、
様々な質問がありました。

今後は、その質問の一つ一つに
丁寧にお答えしていくことになります。
M家のみなさんはもう安心です。
正しい仏事を気軽に質問できるお寺とご縁ができたのですからね。
お父さまのお導きですね。

葬儀費用が満期になっている場合

今日お墓の相談に来られたご夫婦は、
お葬式のことも早々と準備されているようで。

自分たちのお葬式は、和歌山市の葬儀社さんに申込んでおり、
すでに積み立てた葬儀費用が満期になっているとのことでした。
そのような場合は、そちらの葬儀会館に私を呼んでくだされば、
お葬式にうかがいます。

通常、寺との付き合いがない家が葬儀社さんに葬儀を依頼した場合、
僧侶の手配をお任せすることになります。
当然その場合は、僧侶を選り好みすることはできません。
その時になってみないと、どのような僧侶が来るか分からないものです。

しかし、できれば生前からお付き合いがあり、
気心のしれた僧侶が来れば安心ですよね。

私も葬儀社さんに呼んでいただいて、
お葬式で初めてお会いするご家族もいらっしゃいますが、
初対面の時はお互いに緊張するものです。
中には、どう接して良いのか分からないので、
できるだけ私と話をしないようにしている人もあります。
残念ですが僧侶という人種は、
普通の人にとってそれぐらい「馴染みがない」人種なのです。

お墓を申し込むということは、
お葬式も含めた先々のことも解決しておけますので、
ぜひご相談いただきたいものです。

私とちょっと話せば分かっていただけると思いますよ。
なーんだ、気さくな坊さんじゃないか。と。

 

和歌山市 Mさま

お見送りに来られたのは、奥さまと娘さまでした。
故人は82才で、長くホームで暮らしていたそうです。

他宗のお寺にお墓があるそうですが、
事情があり、お葬式をすることなく当寺から
お見送りをすることになりました。

私はご遺族と初めて会う時、
いつもそれなりの緊張感を持って望みますが、
Mさま方はとても元気にふるまって下さり、
その力強さに助けられたように思います。
心中はきっと悲しい気持ちで一杯であったことでしょう。

IMG_0166

私とお葬式のアデューの永山さんとで棺を運び、
寝台車をお見送りしました。

お葬式の御布施

和歌山市斎場を使用するプランの他、
一日葬、直葬に対応している葬儀社さんのホールにて行います。
別途、葬儀社さんに支払う葬儀料が必要です。

(  )内の御布施は、当寺で納めて頂いている一般的な額を記しました。
目安としてお考えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家族葬(20万円)

小規模なお葬式です。
枕経読経 → 通夜読経 → 葬儀読経 → 火屋読経

一日葬(10万円)

通夜を行わず、一日で終了します。
葬儀読経 → 火屋読経

直葬・火葬式

ご遺体を安置室に保管後、火葬いたします。
基本的に読経はありません。
ご希望の場合は下記を参考にご用命くだい。
直葬読経(3万円)
枕経読経のみ(1万円)
火屋読経のみ(1万円)

アデュー和歌山さん

和歌山市斎場

和歌山市斎場で行う葬儀プランです。
葬儀に最低限必要なものが全て含まれています。

家族葬プラン 30万円(税別)お迎え→ご遺体安置→通夜→葬儀→火葬

一日葬プラン 20万円(税別)お迎え→ご遺体安置→葬儀→火葬

※それぞれ会場使用料が別途必要です。
小会場使用料:7万9,190円

家族葬セット内容
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●病院・施設に寝台車でお迎え(20km60分以内)
●搬送用担架ふとんセット
●枕飾りセット ●布張りホワイト棺(普通サイズ)
●ドライアイス(10kg1回分)●仏衣セット
●美装納棺の儀 ●白木位牌8寸 ●お骨壺セット
●ご遺影(四切り)●アレンジ装花祭壇
●生花飾り一対 ●市役所火葬許可手続き
●通夜式スタッフ(1名)●葬儀式スタッフ(1名)
●施行管理 ●霊柩寝台車(20km以内)
●受付事務用品 ●火葬料(税込1万円まで)

shikizyoub kazoku
式場(参列者は椅子席)         親族待合室

お骨上げを待つ間、別室にてお食事をとっていただくこともできます。(別途料金必要)
ご希望の場合はお申しつけください。別室使用料:4,110円

youshitu washitu
洋室                和室

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

火葬式(直葬)プラン 13万5千円(税別)お迎え→ご遺体安置→火葬

お葬式をすることのない、火葬だけのプランです。
基本的に読経はありませんが、
ご希望の場合は下記を参考にご用命ください。
●直葬読経(3万円)
●枕経読経(1万円)
●火屋読経(1万円)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お骨上げの後、初七日を希望の方はお申しつけ下さい。(御布施1万円)
所要時間:約40分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お葬式のアデュー和歌山

代表の永山さんより
ーーーーーーーーー
私は、和歌山市内の大手冠婚葬祭業者に20数年勤めていました。
その折に得た経験や知識を生かし、会社勤めではできなかった
「華美なかざりをしない、派手な宣伝・広告をしない、無駄を省いて
低価格のお葬式を提案する」をモットーとする葬儀社を始めました。
アデュー和歌山は、ご遺族の細かいニーズに応じられ、融通が利き、
低価格でも納得のいくお葬式を提案しています。

永山さん

永山順三:厚生労働省認定 葬祭ディレクター審査協会
一級葬祭ディレクター/終活コンサルタント

ページの先頭へ

ホームへ戻る