お葬式

私が先か他の誰かが先か

めっきりと冷え込んできました。
境内を掃除していても手がかじかんでしまいます。

寒さの影響が大きいと思われますが、
ここ数日間、葬儀の依頼が続きました。
葬儀社さんも長年の経験から、
急に寒くなると亡くなる人が増えると言います。

先日の喪主さんは、
お医者からはお父さんの命について
覚悟しておいてくださいと言われていたけど、
先に亡くなったのはそれまで元気であったお母さんであったそうです。
命の後先は本当に分からないもので、
とても他人事とは思えません。

 

お葬式は頼めるの?

お墓の相談に乗る中で、
もしもの時はお葬式も依頼できるのか?
というご質問は非常に多くあります。

もちろん寺院ですので、
依頼していただければ幸いです。
長年積み立てをしている葬儀社があればそこへ伺いますし、
お寺で葬儀を行うことも多々あります。

善称寺で多いのは、小規模の葬儀です。
近年「家族葬」という言葉が一般化していますが、
お寺でお見送りする場合、
ご家族1〜10人程度のケースが増えています。

通夜や葬儀を行わず、
火葬場にてお見送りをする場合も同様に増えています。

善称寺が大切にしていることは葬儀の規模ではなく、
ご家族が先立つ命をおもうと同時に、
私の命を深く考える機縁をいただくことです。

お墓のお申し込みをされるご家族の中には、
「通夜と葬儀は葬儀社紹介の僧侶にお願いしたけど、
満中陰法要からは善称寺で頼みたい」
というケースもあります。
それでも全然かまいませんが、
途中で僧侶が変わるのであれば、
最初からご相談いただければ良いなぁと
思っております。

安置室

こちらはご遺体をお預かりする安置室の入口です。

安置室から直接出棺されることも多々あります。
安置室はいつでも清潔に保たれておりますので、
安心してご利用ください。

ご遺体の安置室 和歌山市永代供養

お葬式のアデューさんにより、
昨夜9時ごろに、ご遺体が搬送されてきました。

門の前に寝台車がとまり、
アデューの永山さんと私の二人で安置室まで担架をお運びします。
本堂の奥にある安置室(6畳和室)に布団を敷いてご安置しました。
その後は永山さんがドライアイスなどの処置を施し、帰られました。

本日は朝9時にご遺族が4人来られました。
永山さんと相談の上、今夜和歌山市の斎場にて通夜を行うことになりました。
ご縁のお寺があるそうなので、私は通夜には行きません。
私の役目は一晩ご遺体をお預かりしたところで終了です。

当寺の安置室には毎月何度か、ご遺体の搬入がありますが、
永山さんが言うには、安置室を備えているお寺は珍しいそうです。
お寺と言っても、そこで通夜や葬儀が行われることは珍しく、
ほとんどが葬儀会館で行われるからでしょう。

今回の故人は通夜葬儀を行うことになりましたが、
通夜葬儀を行わずに火葬する場合も多々あります。
今後もそのようなケースは増えていくでしょう。

ページの先頭へ

ホームへ戻る