住職の日記

宗教や宗派は私たちの「生き方」です

今回の葬儀式の喪主さまはクリスチャンの方でしたが、
事情があって仏式(浄土真宗本願寺派)にて葬儀をされました。

今の時代、自分は仏教徒であるという意思を持って
生きている日本人はどれぐらいいるでしょうか。
大抵は、家が代々〇〇宗だから自分も。
その程度の意識であると思います。

しかし、大半のご家庭が仏教の宗派である日本で、
「私はキリスト教徒です」という生き方には、
ある程度の強い意思を感じずにはおれません。

IMG_1825

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死後の世界に宗教や宗派があるわけではないので
宗教や宗派とは私たちの「生き方」です。
多種多様な生き方がある中で、
お互いに尊重しあい、
認め合っていくのが本当の宗教です。

今回の葬儀では私もそのことを意識しながら、
仏教が説く命のお話をさせていただきました。

IMG_1826

いつもお花がいっぱい永代供養付きの小さなお墓 ゆずり葉の碑
ページの先頭へ

ホームへ戻る