社会貢献

「お寺おやつクラブ」活動はじめました

以前から何度かリンクをはってご紹介している
彼岸寺(超宗派仏教徒によるインターネット寺院)さん。

先日、サイトの中で、興味深い記事を見つけました。

「お寺おやつクラブの」活動報告

お寺おやつクラブ?とは?なんぞや…?
と思いながら読んでみると。

「お寺おやつクラブ」とは、
お寺にお供えされるお菓子や果物などの「おそなえもの」を、
仏さまからの「おさがり」として頂戴し、
様々な事情により貧困生活を送る母子家庭へ、
おやつとして「おすそわけ」する活動
なのだそうです。

お寺おやつクラブのこと

こちらにも詳しく書いてあります。
これらの記事、ぜひ一度読んでいただきたいです。

 

善称寺はちいさなお寺ではありますが、
檀家さまやゆずり葉の碑のご縁の方などがお寺にお参りの際、
また、お寺でご法事などを行う際に、
お菓子や果物などをお供えしてくださいます。

先ほどの記事にもあるとおり、仏さまにお供えした後は
私たちがおさがりとしてありがたくいただいていますが、
食べきれずにダメにしてしまう場合も少なくありません。

彼岸寺さんのこの取り組みは、記事を読んですぐに
「これなら私たちも微力ながら協力できるのでは」
と思えるものでしたので、すぐに事務局にご連絡し、
活動に参加させていただくことにしました。

早速、支援先家庭のご連絡をいただいたので
先日お菓子や果物、タオルなど一回目の荷物をお送りしたところです。

Processed with VSCOcam

DSC_0776

ご連絡いただいたご家庭がお子さん3人とのことでしたので、
事務局からの発送についてのアドバイスに従って
小分けのお菓子は3人分に袋にまとめ、
3人とも女の子だとも書いてありましたので、
可愛いマスキングテープで袋を留めました。

どのようなものが喜ばれるのか分からないけれど、
一日のうち「ほっ」と一息つける時間がありますように、
という気持ちを込めて梱包し、少し緊張しながら発送しました。

今ごろはもう箱を開けておられるでしょうか。
そのお家に笑顔があふれるきっかけとなっていることを願います。

この活動は、「大阪子どもの貧困アクショングループ」さん
という支援団体が発起人であり協力団体なのだそうで、
現在の支援先エリアは大阪が中心。
賛同寺院が増えるにしたがい、支援先エリアも拡大する予定、
とのことだそうです。

じつは、小さな規模の当寺の関係先だけで考えても、
さまざまな生活状況の方がおられます。
ただ、ちょっと気になるご家庭があっても、
個別に物質的な支援をするのはなかなか難しいものです。

不要になったお仏壇を処分されるご家庭から
了承を得てお仏壇、お仏具などを譲り受け、
お仏壇が欲しいけれどなかなか買えなくて…
とおっしゃるご家庭へお譲りする。
そのようなことは今でもお手伝いしているのですが。

自分たちの目や手の届く範囲にも
助けを必要としている方がおられるかもしれないのに、
そこを飛び越えてもいいのだろうか。
今回、そんな風に悩みもしました。

ですが、とにかくはじめてみよう、と思ったのです。
何か一つの方法でしかできないわけではなし、
できることからはじめて、
もっと必要なことや、それをやれる方法がみつかれば
そのときまたはじめて。

お寺やお坊さんって、お墓があって法事やお葬式をやるだけの
場所やひとでは決してありません。
お寺は、今を生きている人たちのためにあるのです。
生きているうちにどうぞ気軽に足を運んでください。
生きているうちにどうか気軽にお話しに来てください。
私たちは、聞こえてくるさまざまなお声に多くを学び、
自分たちに出来ることをようやく見つけられるのですから。

 

活動を今ごろ知って、遅ればせながら参加した
私たちが言うのもなんですが、
お寺おやつクラブも、もっと賛同寺院や賛同者が増えて、
たくさんのご家庭へお届けできるようになればいいなと思います。

個人での寄付金や参加も受け付けているみたいなので、
興味がある方はチェックしてみてください。

善称寺からも、ひきつづき送っていきたいと思っています。
「ひと月にひと箱」がクラブの目標なのだそうです!

 

ページの先頭へ

ホームへ戻る