住職の日記

Mさまの納骨(和歌山市永代供養墓)

Mさまのお骨を永代供養墓「ゆずり葉の碑」に納骨させて頂きました。
本堂にて納骨のお勤めをした後、
お骨を布袋に入れて納骨いたしました。

弟さま夫婦に見送られての納骨です。
納骨の際には
●仏様となられた故人と、生きている私たちってどう違うの?
●お墓はなんの為にあるの?
というお話しをさせていただきました。

Mさまのご遺族にとって、ゆずり葉の碑が大切な場所になりますように、
私どもも心をこめてお骨をお預かり致します。

善称寺合同年忌法要 和歌山市永代供養墓

平成28年の10月、11月、12月中に
年忌にあたっている方の年忌法要でした。

今回は、一周忌の方が2名
三回忌の方が3名
七回忌の方が1名
十三回忌の方が1名
二十三回忌の方が1名
三十三回忌の方が1名で
合計9名の方が年忌にあたっていましたので、
事前に郵送でお知らせしたところ、
5名の故人のご遺族がご参加くださいました。

このように、永代供養墓に納骨された方の年忌法要は合同で勤められ、
ご遺族には事前に日時をお知らせしておりますが、
参加するかどうかはご遺族の判断にゆだねられています。

この制度は平成26年にはじまりましたが、
当初は参加してくださる方は少ないだろうと考えていました。
永代供養墓の意義の一つは、
お墓を持つことによるご法事などの負担を
無くすということもあるからです。

しかし実際には、合同の年忌法要に足を運んでくださる
ご遺族が思いのほかいらっしゃったのです。
いくら御布施が不要とはいえ、
自由参加なのですから来なくてもいいわけです。
ご遺族が来られなくても、
ちゃんと故人のお名前を拝読してお勤めさせていただいているのですからね。
この事は私にとって嬉しい誤算です。

新聞やテレビなどでは、お墓やお骨に関する残念なニュースがあふれています。
お骨を郵送して永代供養にしたり、手に余って電車の網棚にお骨を放置して去ったり、
無縁墓が増えていたり。
メディアが取り上げると私たちは「今はそういう時代なのか」と錯覚しますが、
私の実感とは少し違います。
お墓参りのご遺族とお話ししたり、申込者さんにアンケートをとったりする中では、
「ちゃんと供養したい」「故人を大切にしたい」という思いは
多くの現代人が持っていると日々感じています。
ただ、従来のお墓やお寺の仕組みの中で、
現代人の悩みに対応できていないだけだと思うのです。

今回の合同年忌法要では読経の前に、
「三界は安きことなし、なお火宅のごとし」
という法華経に示された言葉をご紹介しました。
ちゃんと分かりやすく話せたのか不安でしたが、
帰り際に「他の話も聞いてみたいです」という若者の言葉に勇気づけれました。
釈尊の言葉をご紹介する試みは、これからも続けていきたいですね。
それこそ今回は9名の故人に頂いた大切なご縁なのです。

ご命日(Kさま)和歌山市永代供養墓 

善称寺では、永代供養墓に納骨された方の、
毎年のご命日に読経をしています。

本日は、永代供養墓「ゆずり葉の碑」に納骨された
Kさまのご命日でした。

永代供養墓の「四つのご供養」
お墓の費用にあらかじめ「四つのご供養」が含まれています。
これは、お墓を持つ事で後の者に負担を残さない為の仕組みです。

●お彼岸
●お盆
●ご命日
●年忌(33回忌まで)

法要の日時は前もって郵送でご遺族にお知らせしており、
参加するかどうかはご遺族の自由です。
どなたも参加されなかった場合でも、
予定どおり法要は勤めらてますのでご安心ください。
なお、法要は合同で行いますので、
時には他家のご遺族も同席することをご了承いただいております。

%e5%9b%9b%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%81%94%e4%be%9b%e9%a4%8ahp%e7%94%a8

11-18

お骨のお預かり 和歌山市永代供養墓

Sさんは、他の墓地にあるS家のお墓を墓じまいして、
当寺の永代供養墓「ゆずり葉の碑」に引っ越してこられます。

昨日はS家のお墓の墓じまいの日でした。
お墓からお骨を取り出したのですが、
ゆずり葉の碑に納骨する日は来月ですので、
それまでお寺でお骨をお預かりすることになりました。

お骨をお預かりする場所は本堂のご本尊の下にある
お骨の一時保管庫です。

11-17

納骨日当日まで大切にお預かりいたします。

Sさまのように、当寺にお墓を申し込まれている場合は、
納骨日までお骨をお預かりいたしますので、お申しつけください。
もちろんご自宅にてご安置していただけるのでしたら、それにこしたことはありません。

毎週火曜日は定休日 和歌山市永代供養

毎週火曜日は定休日となっております。
緊急の方は下記までお電話ください。
住職の携帯に転送されます。

善称寺 073-422-0473

img_0956

昨夜雨が降ったので、阿弥陀さまが濡れていますね。
今日は晴れ予報です。

img_0957img_0958

ご遺体の安置室 和歌山市永代供養

お葬式のアデューさんにより、
昨夜9時ごろに、ご遺体が搬送されてきました。

門の前に寝台車がとまり、
アデューの永山さんと私の二人で安置室まで担架をお運びします。
本堂の奥にある安置室(6畳和室)に布団を敷いてご安置しました。
その後は永山さんがドライアイスなどの処置を施し、帰られました。

本日は朝9時にご遺族が4人来られました。
永山さんと相談の上、今夜和歌山市の斎場にて通夜を行うことになりました。
ご縁のお寺があるそうなので、私は通夜には行きません。
私の役目は一晩ご遺体をお預かりしたところで終了です。

当寺の安置室には毎月何度か、ご遺体の搬入がありますが、
永山さんが言うには、安置室を備えているお寺は珍しいそうです。
お寺と言っても、そこで通夜や葬儀が行われることは珍しく、
ほとんどが葬儀会館で行われるからでしょう。

今回の故人は通夜葬儀を行うことになりましたが、
通夜葬儀を行わずに火葬する場合も多々あります。
今後もそのようなケースは増えていくでしょう。

新聞よりご紹介 和歌山市永代供養墓

30年前に亡くなったご主人に一筆。

「いつお迎えに来ていただいてもいいですよ」
「でもねー。明日は来ないでくださいね。明後日も来ないでくださいね。
明々後日も来ちゃいやですよ。またお手紙します」

OさまNさま夫婦墓納骨式 和歌山市永代供養

OさまとNさまの納骨式でした。
まず本堂にお骨を安置してお勤めをし、
その後お墓に移動して夫婦墓に納骨をいたしました。

Oさまのお骨は、別の墓地から改葬されたお骨ですので、
改葬許可証がついています。
約10年前に納骨されたということで、
ずいぶんとお骨が小さくなり、土なども混ざっておりました。
自然に還ってゆく過程では当然のことであり、
私たちもいずれは同じ身です。

お勤めの前に、「私たちにとってのお墓」の意義をお伝えし、
ご遺族とともにお勤めをしました。
お二人のお骨は大切にお預かりさせていただきます。

 

お墓の建立時期 和歌山市永代供養

永代供養墓ゆずり葉の碑の、
家族のお墓「遥」で検討中のNさんと娘さんがご相談に来られました。
先日に続いて二度目の来寺です。

Nさんは年内に申し込みを考えていたのですが、
親族に「今年は閏年だからお墓を建てるのは来年にした方が良い」
と言われたそうです。
Nさんとしては閏年のことはあまり気にしていませんでしたが、
先日その親族が亡くなってしまったこともあり、
生前に言われていたとおり、来年にしようと思っています。

仏教では閏年にお墓を建てると良くないとは聞いたことがありませんが、
Nさんが少しでも気になる場合は、それで良いと思います。

いま申し込みと墓石の発注を済ませおいて、
来年まで墓石を設置せずにおくこともできますし、
ご家族で相談していただければと思います。

年末になると、石材加工場の都合(中国の旧正月)でお墓の製作がストップします。
そうなれば来年3月中頃以降の建立ということになりますので、
その辺りも要検討ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、閏年というお話しもありましたが、
仏教では何をするにしても日の良し悪しは言いません。
私たちにとっての一日一日が、どの日も等しく尊いものだからです。
「日々是好日」という言葉がありますが、まさにそれですね。
ご参考までに。

ページの先頭へ

ホームへ戻る