住職の日記

離壇をストップ?(和歌山市の永代供養)

寺より寄付の請求があったタイミングで、
お墓の引っ越しを考える方が多いですが、Iさんもそんなお一人でした。

「支払いがきつくて。しかも振り込み用紙に『強制』って印が押してあるんです。」

寄付は寺院だけでなく、世間一般のボランティア団体や慈善事業の組織などにも行われますが、
あくまでも寄付する側の善意であって強制されることはありえませんよね。
ですから「強制」と印が押してあっても、重い負担を背負ってまでする必要はありません。
※私としてはそのような印を押す寺はおかしいと思います。
「ありのままに苦しい事情を伝えればご住職もわかってくれますよ。」
Iさんにはそう伝えたのですが、よくよく聞いてみると
寄付のこと以外にも普段から寺に対して腑に落ちない点が多々あるようで、
今回のことでいよいよ決断したようでした。

墓地を引っ越すことは、ある程度の手間がかかりますが、
決められた手順をふめば必ずできます。
Iさんにはお墓の引っ越し(改葬)の手順をお伝えし、
まずはご住職にその旨をお伝えすることをすすめました。

IMG_0115

数日後、Iさんからお電話があり、驚くべきことを伝えられました。
Iさんがご住職に墓を引っ越したいと伝えたら、
「最近そのような話があまりにも多いので、離壇を一時ストップしている」
と言われたそうです。
もしどうしてもということなら「離壇料を納めてください」といい、
これまた大きな額を言い渡されたそうなのです。

これでは寺のやりたい放題だと思ってしまいます。
離壇(檀家を離れる)することをストップする権利は、
もちろん寺にはありません。
離壇料も支払う義務はありません。
もし支払うとするならば、いままでお世話になった気持ちを込めて
負担のない範囲でお包みする程度ではないでしょうか。

結局Iさんは、すぐに引っ越すことはあきらめました。
気の毒に思いますが、似たような話は他にも耳にした経験が多々あります。

私たち寺院は、なぜ墓を引っ越す人が増えているのか、
また、なぜ寺ばなれが進むのか、それを真剣に考えない寺院の運営はますます厳しいものになるでしょう。

クローズアップ現代+ 和歌山市永代供養

昨夜のNHK「クローズアップ現代+」のタイトルは、
「相次ぐ墓トラブル 死の準備の落とし穴」でした。

紹介されていた墓トラブルとは、
墓地を購入した後に、霊園を管理する会社が倒産してしまった例、
生前に墓地を契約していた人が認知症になり墓地が分からない例などでした。

お墓の不安を解消する為に購入した墓地がなくなってしまい、
支払ったお金も帰ってこないケースは気の毒でなりません。
このようなトラブルを避けるには、
購入者が事前に注意深く確認しておくべきことがあると感じました。

一つは、その墓地に継続した購入者があるかどうか。
墓地の様子をしばらく観察すれば分かると思います。
墓地が売れている気配のない場合は要注意ではないでしょうか。
もう一つは、どのような運営会社なのか。
終活ビジネスに乗っかっただけの会社ではありませんか?
購入者の不安や悩みに親身になって相談のったり、
購入後も継続したサービスが実施されていれば少しは安心なのですが。

そしてもう一つの例、
身寄りのない高齢者が、お墓を生前契約した後に認知症になるケース。
その人の死後、お墓がどこにあるのか分からないケースが増えているそうです。
身寄りがないですから、お墓を探すのは役所の方になります。
番組の中では遠縁にあたる親族にお骨の引取をお願いしたり、
お墓の場所を聞いてりしていました。

当寺の永代供養墓「ゆずり葉の碑」も、
思い当たる申込者さんがたくさんあります。
当寺の対策としては、申込用紙をコピーした「控え」と「領収証」を
セットにしてお渡ししていることです。
たとえ孤独死をしたとしても、その用紙を誰かが見れば、
永代供養墓に申し込んでいることが分かるはずです。
ですから、目につくところに保管して欲しいのですが。

これから取り組むべき課題としては、
「孤独死」「孤立」の問題があります。
親族とはいえ、頼りづらい雰囲気が社会に流れているように感じます。
自分のことは自分で、お墓のことで子どもに迷惑をかけたくない、
という親御さんの気持ちもそんな雰囲気の中で生まれてきたのではないでしょうか。

血縁を越えて、同じお墓に入る人どうしが、ゆるやかにつながり合うような、
そんな取り組みができればいいのですが。

みんなで京都本願寺にお参り

みんなで京都の本願寺にお参りに行って参りました。
ご存知のとおり、本願寺は浄土真宗本願寺派の本山です。

このほど、本願寺の住職が次の代に引き継がれたので、
数ヶ月かけて盛大な法要が営まれており、
私達も参加させていただいたのです。

当日は何百人もの参拝者でしたが、
善称寺からは17人でお参りしました。

私たち善称寺のグループは他のお寺のグループとちょっと違います。
なにしろ、真言宗、日蓮宗、私は無宗教、という人など、
浄土真宗以外の方々が入り交じっているのですからね。

そんな方々が日本最大の木造建築である阿弥陀堂と御影堂や、
世界遺産に登録されている境内、普段は非公開とされている建物の内部などなど、
浄土真宗の一端に触れる機会を持てたことは、意義があったと思います。

IMG_0170

御影堂でのお勤め風景です。
オレンジ色のスカーフは和歌山からのグループの印です。

IMG_0169

境内にある飛雲閣は「京都三閣」の一つです。
その他の二つは金閣と銀閣ですね。
当日は天候にも恵まれ、大変良いご縁となりました。
またの機会を楽しみにしております。

お盆参り(平成29年)和歌山市永代供養

いよいよ暑くなってきましたね。
供花の寿命が日に日に短くなっています。

さて、暑くなってくると「お盆ももうすぐ」という心境になります。
本年(平成29年)のお盆参りは8月2日〜15日までの予定です。
その間は、朝9時ごろから夕方まで住職が留守になります。

近年、お盆参りの件数が増えた為に、
現在は、新規のご訪問ができない状況にあります。
その場合は、寺にて合同のお盆法要の機会がありますので、
ぜひそちらをご利用いただければと思います。

永代供養墓「ゆずり葉の碑」にお申込みの方には、
事前に法要日時をお知らせいたしますので、
お気軽にご参加くださいませ。

 

N家納骨式(和歌山市永代供養)

先日N家のお墓が完成し、本日は納骨式でした。
納骨されたのは38年前にお腹の中で亡くなった娘さんでした。
他府県のお寺の墓地にてずっと供養されてきましたが、
両親が和歌山に引っ越すのを機に改葬することになりました。

本堂でお勤めをし、小さいながらまだしっかりと形のあるお骨を
専用の容器に移しました。

埋葬場所は変わりましたが、
今後も相変わらずお浄土より見守ってくださることでしょう。

私達が無事に生まれ、大人にまでなれたことは、
本当に奇跡のようなことなのだと教えられた気がします。
生かされた私達は、人生に中身を与えていかねばなりませんね。

寒暖の差が激しい季節です。
早朝はまだまだ寒いですが、日中の暖かさにはホッとさせられますね。

本日は、朝から夕方までずっと法事の予定となっております。
最後まで喉がもちますように。

IMG_0138

毎年ご近所さんからいただくスターチスです。
鮮やかですね。

和歌山市 Sさま 

白井家アンケ1 白井家アンケ2この度は、どなたの為のお墓でしたか?(父、義母、自分、など)

自分達と娘の為に

当寺にご縁を頂く前に、どのようなことで悩まれていましたか?

居住地域の寺に墓がありましたが、ひとり娘が結婚して県外へ出たため、私達夫婦の
死後、無縁墓になるのではという心配を強くしていました。また夫は浄土真宗で、浄土宗の檀家
で育った私は、なんとなく宗派へのこだわりのようなものを感じていました。

ゆずり葉の碑をお知りになったきっかけは?

夫がニュース和歌山を見て知った。

ゆずり葉の碑を知ってすぐに決断されましたか?あるいは決断を悩まれた場合その理由は?

知ったその日にホームページを見てすっかりとりこになりました。
さっそく問い合わせをして、3日後に寺へお伺いして決断、墓移転の手順等を
お聞きしました。

ゆずり葉の碑を選ばれた決めては?

①宗派にこだわらないこと ②無縁墓にならないこと
③私たちの死後、県外に住む娘の負担になるという心配がなくなること

ゆずり葉の碑を選ばれて、いかがでしたか?

気持ちがすっきりした。

ご記入欄

今までの大きな墓を処分して、ゆずり葉の碑へ私達夫婦の
名前が刻まれた小さな墓を建てて、早くも二ヶ月が過ぎました。

何度かお参りに行きましたが、きれいにそうじされていて、いつも
お花がいっぱいです。だから持参した菊やイリスを寺の入口の
バケツへ残して帰ったこともありました。私たちが動けなくなって
お参りに行けなくても安心です。
「檀家」という古いつながりのしがらみや、宗派のこだわり
からも解放されました。

その後「善称寺」の記事やコマーシャルをたびたび見かけ
るようになり、いろいろな支援や活動をされていることも
知りました。 ゆずり葉の碑で得た善称寺とのご縁を
大切にしていきたいと思っています。

 

Sさまへ 善称寺より

色々とお悩みもあったと思われますが、
「気持ちがすっきりした。」とのお言葉が聞けてなによりです。

その後、何度かお参りに来られたとのこと、嬉しく思います。
今後もお彼岸やお盆の合同法要など、気が向けばご参加くださいね。
善称寺としても、法要が有意義な時間になるよう努力してまいります。

このたびはご縁をいただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

 

前列二段は完売しました 和歌山市永代供養

H29.4.6

写真を見ると分かるように、
永代供養墓「ゆずり葉の碑」は階段状になっています。
どの場所も費用は同じで、申込者の方には好きな場所を選んでいただいております。

最近気が付いたのですが、
前列の二列目まではもう場所がありません。
今後のお申込みは三段目より上から選んでいただく事になります。

「見晴らしが良さそうなので」
「手で触れることができる場所がいい」
「お花の近くがいい」「阿弥陀さまの近くに」

などなど、みなさん思い思いの場所を選んでいます。
亡き故人を偲びながら、
同時に自身の命の行方も考えさせられる場所になります。

 

お彼岸も過ぎ

本年の春彼岸も過ぎ、
無事に合同の彼岸会(ひがんえ)を終えることができました。
今回の彼岸会は3部制にさせていただき、
参加希望の方にお好きな時間を選んでもらう形をとりました。

永代供養墓「ゆずり葉の碑」に申し込まれている方には、
前もって彼岸会の日時をお知らせしており、
自由参加でご利用いただいております。
彼岸会の御布施は、申込み時に納めていただいたお墓の費用に含まれておりますので、
お気軽に手ぶらで、しかもカジュアルな服装でご参加いただいております。

今回もお勤めの後に、
お彼岸にまつわるお話しをさせていただきましたが、
ちゃんと理解して頂けたのか不安はあります。
なにしろ私も勉強しながらお話ししておりますもので。
そういう意味では毎回私も貴重な時間をいただいているのでしょう。
先立って行かれた方々に感謝ですね。

IMG_0026

「この日 太陽は真東より昇り真西に沈む
その日の沈む彼方 十万億の仏国土を過ぎて
阿弥陀如来の浄土はまします」
これは、浄土真宗の七祖の一人、善導大師さまの言葉です。

昔の人は春分の日、
まっすぐ真西に沈んでゆく太陽を眺めて、
まだ見ぬ極楽浄土を思ったのでしょうか。

7CBC715C-F0A0-4F21-8A22-2CF44515BC15

春分の日の夕方、お寺の近くで撮った写真です。

K家遷仏法要 和歌山市永代供養墓

田舎にあるK家のお墓を善称寺へ引っ越すことになり、
墓前にて遷仏法要をお勤めいたしました。

まだお若い時分に購入された墓地でしたが、
歳を重ねるにつれ足腰が弱り、
坂を上ってお墓参りするのが大変になってきたということ。

2.24

和歌山には山の中にこういった墓地がたくさんありますね。
自然豊かで環境としては素晴らしいのですが、
お墓参りとなると大変なのだそうです。

お墓はそこにお参りする人があってこそ、
そういう意味でも墓所選びは大切ですね。

良いお天気に恵まれ、
小鳥のさえずりに包まれて読経させていただきました。
読経が終わればいよいよ石材店の出番です。

ページの先頭へ

ホームへ戻る