住職の日記

永代供養ということ

善称寺のゆずり葉の碑では、
「ご命日」「お盆」「お彼岸」「年忌法要」がお勤めされ、
故人への追慕の念を忘れることはありません。

一般的に永代供養とは、
亡くなった方に対して
末長く「冥福を祈る」法要と
位置づけられています。

しかし、実はこのような考え方は
私たちの宗派にはございません。

私たちの宗派では、
阿弥陀如来のはたらきによって
故人は皆、お浄土で仏さまになられたと頂きます。
そのために本堂の阿弥陀如来の前でお勤めし、
経典を読誦して、仏徳を賛嘆します。

供養とは仏さまに対する、
念仏による礼拝供養のことをいうのです。

ご法事を通じて
このようなご縁にあわせていただけでば
本当にありがたいことです。

IMG_0319

いつもお花がいっぱい永代供養付きの小さなお墓 ゆずり葉の碑
ページの先頭へ

ホームへ戻る