住職の日記

N家納骨式(和歌山市永代供養)

先日N家のお墓が完成し、本日は納骨式でした。
納骨されたのは38年前にお腹の中で亡くなった娘さんでした。
他府県のお寺の墓地にてずっと供養されてきましたが、
両親が和歌山に引っ越すのを機に改葬することになりました。

本堂でお勤めをし、小さいながらまだしっかりと形のあるお骨を
専用の容器に移しました。

埋葬場所は変わりましたが、
今後も相変わらずお浄土より見守ってくださることでしょう。

私達が無事に生まれ、大人にまでなれたことは、
本当に奇跡のようなことなのだと教えられた気がします。
生かされた私達は、人生に中身を与えていかねばなりませんね。

いつもお花がいっぱい永代供養付きの小さなお墓 ゆずり葉の碑
ページの先頭へ

ホームへ戻る