住職の日記

D家のお墓 和歌山市営墓地より改葬

雨が心配されましたが、
ちょうど改葬の時間帯だけ雨が止んでくれたおかげで
無事に終えることができました。

Dさんは最初、お寺のホームページを見て相談に来られました。
「和歌山の市営墓地に墓があるが、引っ越しはできるのか」
「それにかかる費用はどれぐらいか」
などなどです。

現在和歌山市営墓地では、
改葬の費用を全額負担してもらえるので、
Dさんの場合は永代供養墓「ゆずり葉の碑」の費用だけで済みました。
通常なら墓石の撤去と整地で10万円前後必要ですので、
その点では良い機会だったと思います。

7.14

雨が上がった和歌山市営墓地。
広い敷地にお墓がたくさんありあますが、
無縁墓の増加に市も頭を抱えています。

D家の墓前にて最後の読経をし、
墓地の職員さんの見守る中、お骨を取り出しました。
その後はすぐにお寺に移動して納骨です。

Dさんは当初、和歌山には永代供養墓がないと思っていたので、
大阪や兵庫まで納骨に行かなければならないと考えていました。
そうなると、なかなかお墓参りもできませんので、
悩んでいたそうです。

最終的に地元和歌山にも永代供養墓があることを知り、
相談に来ていただいたという訳です。
他府県にお骨を持っていかなくて本当に良かったと思います。
これからも気軽にお墓参りができますからね。

IMG_0493

いつもお花がいっぱい永代供養付きの小さなお墓 ゆずり葉の碑
ページの先頭へ

ホームへ戻る