各種法要

Mさまの納骨(和歌山市永代供養墓)

Mさまのお骨を永代供養墓「ゆずり葉の碑」に納骨させて頂きました。
本堂にて納骨のお勤めをした後、
お骨を布袋に入れて納骨いたしました。

弟さま夫婦に見送られての納骨です。
納骨の際には
●仏様となられた故人と、生きている私たちってどう違うの?
●お墓はなんの為にあるの?
というお話しをさせていただきました。

Mさまのご遺族にとって、ゆずり葉の碑が大切な場所になりますように、
私どもも心をこめてお骨をお預かり致します。

善称寺合同年忌法要 和歌山市永代供養墓

平成28年の10月、11月、12月中に
年忌にあたっている方の年忌法要でした。

今回は、一周忌の方が2名
三回忌の方が3名
七回忌の方が1名
十三回忌の方が1名
二十三回忌の方が1名
三十三回忌の方が1名で
合計9名の方が年忌にあたっていましたので、
事前に郵送でお知らせしたところ、
5名の故人のご遺族がご参加くださいました。

このように、永代供養墓に納骨された方の年忌法要は合同で勤められ、
ご遺族には事前に日時をお知らせしておりますが、
参加するかどうかはご遺族の判断にゆだねられています。

この制度は平成26年にはじまりましたが、
当初は参加してくださる方は少ないだろうと考えていました。
永代供養墓の意義の一つは、
お墓を持つことによるご法事などの負担を
無くすということもあるからです。

しかし実際には、合同の年忌法要に足を運んでくださる
ご遺族が思いのほかいらっしゃったのです。
いくら御布施が不要とはいえ、
自由参加なのですから来なくてもいいわけです。
ご遺族が来られなくても、
ちゃんと故人のお名前を拝読してお勤めさせていただいているのですからね。
この事は私にとって嬉しい誤算です。

新聞やテレビなどでは、お墓やお骨に関する残念なニュースがあふれています。
お骨を郵送して永代供養にしたり、手に余って電車の網棚にお骨を放置して去ったり、
無縁墓が増えていたり。
メディアが取り上げると私たちは「今はそういう時代なのか」と錯覚しますが、
私の実感とは少し違います。
お墓参りのご遺族とお話ししたり、申込者さんにアンケートをとったりする中では、
「ちゃんと供養したい」「故人を大切にしたい」という思いは
多くの現代人が持っていると日々感じています。
ただ、従来のお墓やお寺の仕組みの中で、
現代人の悩みに対応できていないだけだと思うのです。

今回の合同年忌法要では読経の前に、
「三界は安きことなし、なお火宅のごとし」
という法華経に示された言葉をご紹介しました。
ちゃんと分かりやすく話せたのか不安でしたが、
帰り際に「他の話も聞いてみたいです」という若者の言葉に勇気づけれました。
釈尊の言葉をご紹介する試みは、これからも続けていきたいですね。
それこそ今回は9名の故人に頂いた大切なご縁なのです。

ご命日(Kさま)和歌山市永代供養墓 

善称寺では、永代供養墓に納骨された方の、
毎年のご命日に読経をしています。

本日は、永代供養墓「ゆずり葉の碑」に納骨された
Kさまのご命日でした。

永代供養墓の「四つのご供養」
お墓の費用にあらかじめ「四つのご供養」が含まれています。
これは、お墓を持つ事で後の者に負担を残さない為の仕組みです。

●お彼岸
●お盆
●ご命日
●年忌(33回忌まで)

法要の日時は前もって郵送でご遺族にお知らせしており、
参加するかどうかはご遺族の自由です。
どなたも参加されなかった場合でも、
予定どおり法要は勤めらてますのでご安心ください。
なお、法要は合同で行いますので、
時には他家のご遺族も同席することをご了承いただいております。

%e5%9b%9b%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%81%94%e4%be%9b%e9%a4%8ahp%e7%94%a8

11-18

OさまNさま夫婦墓納骨式 和歌山市永代供養

OさまとNさまの納骨式でした。
まず本堂にお骨を安置してお勤めをし、
その後お墓に移動して夫婦墓に納骨をいたしました。

Oさまのお骨は、別の墓地から改葬されたお骨ですので、
改葬許可証がついています。
約10年前に納骨されたということで、
ずいぶんとお骨が小さくなり、土なども混ざっておりました。
自然に還ってゆく過程では当然のことであり、
私たちもいずれは同じ身です。

お勤めの前に、「私たちにとってのお墓」の意義をお伝えし、
ご遺族とともにお勤めをしました。
お二人のお骨は大切にお預かりさせていただきます。

 

満中陰(四十九日)に納骨を 和歌山市永代供養

お電話でご相談をいただきました。
先日、お父様を亡くされました。
12月に満中陰(四十九日)法要を控えておられるそうです。

葬儀は行わず、直葬でお見送りをしました。
その際、手配した僧侶は泉南方面から来られました。
相談者さんは、お墓を建てないということは決めておられます。
その場合どういった納骨方法があるのか、
満中陰法要と納骨を同じ日に行っても良いのか、
位牌を作らなければならないのか、
などご質問をいただきました。

当寺の永代供養墓「ゆずり葉の碑」に納骨した場合の費用や
その内容についてお伝えし、位牌についても浄土真宗では作らないことを
お話ししました。
ただ、相談者さんの家は代々真言宗の家だそうで、
今後どうするべきか考えてみたい、とのことでした。

まだ当寺には見学に来られたことがないそうで、
ぜひ一度どのようなお墓なのか見学にいらしてくだされば幸いです。

故人は今どこに 和歌山市永代供養

先日、あるご法事の際に尋ねられました。
「母はいまどこにいるのでしょうか?」
その母とは、その日七回忌にあたる故人のことなのですが、
そう尋ねられたのには次のような訳があったのです。

その方(以後Sさん)は、ご家族と共に奈良県にお住まいですが、
息子さんが交通事故に遭われたり、仕事がうまく行かなかったりと、
良くないことが続くので落ち込んでいました。
Sさんの友人に霊感の強い方がいて、その人に見てもらったところ
「お母さんの霊がおまえの家にいて、何かを訴えている」
と言われたのだそうです。

そう言われると人間弱いもので、
Sさんは、最近お墓参りに行っていないことや、若い頃幽霊のような物を見たことを
急に思い出して、どんどん不安になってきました。
そして「良くないことが続くのは母の霊のしわざでは?」
と思うようになり、それが先ほどの質問につながったのです。
Sさんにとっては深刻な問題で、涙を流して尋ねておられました。

霊感が本当にあるのかどうか知りませんが、
弱っている人にそんな事を言えば、影響が大きいに決まっています。
友人であれば気を使ってあげていただきたい。
とにかく私は、早く気を取り直してもらいたい一心で、
いくつかのことをお伝えしました。

仏さまになられた故人のこと
仏さまの願いのこと
縁起ということ
結果には必ず原因があること

生きていれば、誰でも不慮の事故や病に遭うことはありますが、
その後どう対処するかは人によって違ってきます。
仏教では結果には必ず原因があると説かれます。
いま目の前で起こっていることの原因を究明せずに
目に見えない物(たとえば厄や霊)のせいにしても何の解決にもなりません。
「幸せになって」─誰よりもそう願っておられるであろう
お母様のせいにしてしまっては、おかわいそうではありませんか。

私には、Sさんの問題がすっきりと解決するような
明確な答えを差しあげることは出来なかったかも知れませんが、
どうか少しでも早く心の靄(もや)が晴れて、
亡きお母様を想うときに穏やかなお気持ちでいてくださる様に…
と願いながらご法事をおつとめさせていただきました。

和歌山市営今福霊園にて納骨式 和歌山市永代供養

昨日、和歌山市営の共同墓地「今福霊園」で納骨式を行いました。
故人の妹さまと、施設の方、弁護士さん、葬儀社の(株)アスタサービスさんが出席されました。

Sさまの葬儀は(株)アスタサービスさんにて行ったそうです。
S家はもともと和歌山市内のあるお寺の檀家であったのですが、
訳あって別のお寺を手配してもらって葬儀を行ったそうです。

その後、(株)アスタサービスさんから当寺に連絡があり、
Sさまのお骨をしばらく預かって欲しいとのことで、
埋葬許可証と共に昨日までお寺でお預かりしていたのです。
(二ヶ月ほどお預かりしたでしょうか。)

本来なら、全て檀家であるお寺にお願いするところですが、
事情もあるのでしょう。

納骨式の方は心配していた雨もあがり、
良いお天気の中で納骨することができました。
まずスコップで土を掘って納骨します。
その後墓前にて重誓偈を読経します。
所要時間は10分程度です。
出席された方々も静かに手を合わされていました。

9-7

こちらは当寺の永代供養墓「ゆずり葉の碑」です。
ここ数日はお天気の影響で、お花を出したり引っ込めたり、
なにかと落ちつきません。
昨日は陽が差していましたので、
一日お供えすることができましたね。

 

合葬墓へ納骨 和歌山の永代供養墓

毎日暑い日が続いていますね。
永代供養墓「ゆずり葉の碑」の供花もぐったりしています。
これでもできるだけ長持ちするようにアレコレ工夫しているのですが。

8.21

さて、本日は永代供養墓「ゆずり葉の碑」の合葬墓に、
Sさまのお骨を納骨いたしました。

Sさまの息子さまが、
お寺のホームページを見てメールを頂いたのがご縁です。
何度かメールでやりとりをしてお墓の説明をし、
ご遺族にお会いしたのは納骨日の当日が初めてとなりました。

まず本堂で納骨のお勤めをし、
その後、骨壺から布袋へとお骨を入れ替えます。
そして、みなさんでお墓の前へと移動をして納骨をします。
所要時間は30分前後でしょうか。

Sさまに頂いたご縁を大切に、供養をさせていただきたいです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

お盆参り増えてます 和歌山のお墓(永代供養)

そうなんです。
永代供養墓「ゆずり葉の碑」の運営が始まってから、
お盆参りのご依頼が増え続けているのです。

これはとても意外なことです。
なぜなら一般に永代供養に申し込むと、
「あとはお寺におまかせだ。」てなもので、
みんな、お墓参りにも来なくなると思っていたのですから。

もちろんそれでも結構なのですが、
意外や意外、みなさんよくお墓参りに来られるのですよ。
お盆参りだって合同法要に参加すれば無料で済むのに、
「今年は家にも参ってほしい」とご依頼があるのです。
特に初盆の方は多いですね。
故人を通してこうしてご縁を頂けることは、
お寺としましては何より嬉しいことです。

近年はお盆中にバイクで走り回っていても、
お坊さんに出会うことが少なくなりました。
聞けば、お盆参りをやめてしまった地域もあるそうです。
和歌山にも残っている、日本の風習という点でも淋しい気がします。

さて、本年の善称寺お盆参りは8月3日からスタートします。
バイクで走り回りますよ〜。
お盆の終わる15日までは一日中留守にしておりますのでご容赦ください。

7.29

最近は、届いたお花を全部生けずに温存させています。
この時期は日照りですぐにダメになってしましますからね。

永代供養墓「ゆずり葉の碑」合同年忌法要 和歌山

永代供養墓「ゆずり葉の碑」に納骨された方は、
壱周忌から三十三回忌までの年忌法要が勤められます。

年に4回、法要の機会があり、合同でお勤めをしています。
昨日は、7月〜9月に年忌にあたっている方々の年忌法要でした。

壱周忌の方が6名、
三回忌の方が5名、
七回忌の方が1名ありました。

ご遺族には事前に郵送にて日時をお知らせしていますが、
都合が合えばご参加いただいております。
昨日も5名の故人のご家族がお参りしてくださいました。
「三回忌までは来てあげようと思っています。」など、
それぞれのお気持ちでご参加くださっています。

ご参加がなければ「お寺にお任せします」ということになりますが、
年忌にあたっている全員のお名前を読み上げて読経いたしておりますので、
ご安心ください。

このような年忌法要の費用は、
お申込みの際に納めていただいたお墓の料金に含まれておりますので、
みなさん手ぶらで、どうぞお気軽にお参り下さいませ。

ページの先頭へ

ホームへ戻る