各種法要

平成29年秋の合同彼岸会(ひがんえ)

今年の秋の彼岸会は、
9月23日、24日の二日間でお勤めしました。
両日合わせて約60名の参拝者があり、
お経本が足りなくなってしまったので、
新たに20冊購入しました。嬉しいことですね。

今回は、お彼岸は仏教発祥のインドや中国にはない
日本独特の行事ということや、
本願寺新報のレポートより、
お墓参りはどんな気持ちでするもの?
というお話しをさせていただきました。
故人をご縁にして、阿弥陀さまに手を合わせる
良い機会にして頂けたのではないかと思っております。

次回は春彼岸ですね。
またのご参拝を楽しみにお待ちしております。

IMG_0629

IMG_0628

お彼岸ということで、
永代供養墓「ゆずり葉の碑」には色とりどりのお花がお供えされています。

「いつも誰かが参ってくれてるから寂しくないわ〜」
とは、あるご遺族の談話です。
そうですね。いつもにぎやかなお墓ですよ〜。(笑)

お盆参り(平成29年)和歌山市永代供養

いよいよ暑くなってきましたね。
供花の寿命が日に日に短くなっています。

さて、暑くなってくると「お盆ももうすぐ」という心境になります。
本年(平成29年)のお盆参りは8月2日〜15日までの予定です。
その間は、朝9時ごろから夕方まで住職が留守になります。

近年、お盆参りの件数が増えた為に、
現在は、新規のご訪問ができない状況にあります。
その場合は、寺にて合同のお盆法要の機会がありますので、
ぜひそちらをご利用いただければと思います。

永代供養墓「ゆずり葉の碑」にお申込みの方には、
事前に法要日時をお知らせいたしますので、
お気軽にご参加くださいませ。

 

お彼岸も過ぎ

本年の春彼岸も過ぎ、
無事に合同の彼岸会(ひがんえ)を終えることができました。
今回の彼岸会は3部制にさせていただき、
参加希望の方にお好きな時間を選んでもらう形をとりました。

永代供養墓「ゆずり葉の碑」に申し込まれている方には、
前もって彼岸会の日時をお知らせしており、
自由参加でご利用いただいております。
彼岸会の御布施は、申込み時に納めていただいたお墓の費用に含まれておりますので、
お気軽に手ぶらで、しかもカジュアルな服装でご参加いただいております。

今回もお勤めの後に、
お彼岸にまつわるお話しをさせていただきましたが、
ちゃんと理解して頂けたのか不安はあります。
なにしろ私も勉強しながらお話ししておりますもので。
そういう意味では毎回私も貴重な時間をいただいているのでしょう。
先立って行かれた方々に感謝ですね。

IMG_0026

「この日 太陽は真東より昇り真西に沈む
その日の沈む彼方 十万億の仏国土を過ぎて
阿弥陀如来の浄土はまします」
これは、浄土真宗の七祖の一人、善導大師さまの言葉です。

昔の人は春分の日、
まっすぐ真西に沈んでゆく太陽を眺めて、
まだ見ぬ極楽浄土を思ったのでしょうか。

7CBC715C-F0A0-4F21-8A22-2CF44515BC15

春分の日の夕方、お寺の近くで撮った写真です。

お盆参り増えてます 和歌山のお墓(永代供養)

そうなんです。
永代供養墓「ゆずり葉の碑」の運営が始まってから、
お盆参りのご依頼が増え続けているのです。

これはとても意外なことです。
なぜなら一般に永代供養に申し込むと、
「あとはお寺におまかせだ。」てなもので、
みんな、お墓参りにも来なくなると思っていたのですから。

もちろんそれでも結構なのですが、
意外や意外、みなさんよくお墓参りに来られるのですよ。
お盆参りだって合同法要に参加すれば無料で済むのに、
「今年は家にも参ってほしい」とご依頼があるのです。
特に初盆の方は多いですね。
故人を通してこうしてご縁を頂けることは、
お寺としましては何より嬉しいことです。

近年はお盆中にバイクで走り回っていても、
お坊さんに出会うことが少なくなりました。
聞けば、お盆参りをやめてしまった地域もあるそうです。
和歌山にも残っている、日本の風習という点でも淋しい気がします。

さて、本年の善称寺お盆参りは8月3日からスタートします。
バイクで走り回りますよ〜。
お盆の終わる15日までは一日中留守にしておりますのでご容赦ください。

7.29

最近は、届いたお花を全部生けずに温存させています。
この時期は日照りですぐにダメになってしましますからね。

Mさんのお彼岸参り

Mさんは80才(女性)で、少し障害のある娘さんと二人暮らし。
昨日はMさんのお宅でお彼岸参りでした。

Mさんと初めてお会いしたのは、4年ほど前でしたか。
ある日突然、「坊さん!友達のお骨どないしたらええん?」
と言って大きな声で尋ねて来られたのです。

私にとっては強烈な人柄です。
その後もMさんは、いつも大きな声で話すので、
「怒っているのかな?」と思ってしまうほどでした。

当時のMさんのお住まいは、細い路地の奥にある古いアパートで、
それはそれはひどい環境でした。
日当りが悪く、昼でも薄暗い部屋で、床が所々抜け落ちています。
高齢のため、自力では環境を良くすることもできず、
掃除や片付けをする気力もおこりません。

Mさんは新興宗教も入っています。
あまり耳慣れない名前の宗教で、神棚のような物がありました。
気にはなりますが、あまり詮索したりはしません。

ある時、和歌山市のある議員の先生が、Mさんの生活保護の申請をしてくださいました。
Mさんは生活保護のことを知らなかったそうです。
そして、その先生のすすめにより、
新しい市営住宅の抽選に申込んで運良く当選したのです。
先生とは、生活相談所で知り合ったそうです。

その市営住宅は、日当りも良く清潔で、ちゃんとお風呂もついています。
そこで暮らすうちにMさんも明るくなったように思います。
私とも、お付き合いをする中で、少しづつお互いの人柄を知り、
不思議と今は大きな声ではありません。むしろ穏やかな声です。
やはり、暮らす環境が人の心に与える影響は大きいのだと思います。

一緒に暮らす娘さんは、ベランダで家庭菜園を始めました。
お参りで伺ったときには、「あれがトマト、これがジャガイモ...。」と
嬉しそうに説明してくれます。
昨日は収穫したばかりのナスとプチトマトを頂きました。

雑談をして、帰ろうとした時に、Mさんがお布施を包んでくれました。
そして「少ないけどこれで頼んます。足りない分は今度持っていくから。」
そんなことを言うのです。
お布施が「足りない」なんてことはありませんよね。
Mさんの精一杯のお気持ちをしっかりと頂き、帰路につきました。

お寺に帰ってくるとMさんから電話がかかってきました。
「坊さん、今日はありがとうな!」
こりゃまた、ご丁寧にどうも。
こちらこそです。

 

 

お彼岸のお話

本日は彼岸会(ひがんえ)をお勤めしました。
お勤めのあと、施本より「覚りの花」というお話を朗読しました。

年を重ねだんだん衰えていくとしか思えない人生ですが、
必ず覚りの花を咲かせるいのちなのですよ、ということが、
エピソードとともに紹介されていました。

浄土真宗のお彼岸は、先祖供養ではなく、
私自身が仏法にあわせていただく日であると教えられます。

しかし、今日の彼岸会でお話をお伝えできたのは、
紛れもなくお墓をご縁にして故人さまがあったからです。
そういう意味ではやはり故人さまに感謝をしなくてはならないのでしょう。

DSC_0350

今日の永代供養墓「ゆずり葉の碑」。

永代供養墓に申込まれている方々も
彼岸会にご参加してくださっています。

今まであまりお寺とご縁がなかった方が多いです。
「仏教もなかなかいいものだな」と思って頂けるよう
私も努力せねばなりませんね。

お彼岸前に

日曜日からお彼岸ですね。
お彼岸に向けて永代供養墓「ゆずり葉の碑」も
お花を新しくお供えしました。

9.185

いつものお花屋さんが配達してくれた菊の花を生けていきます。
今回は初めて購入した色もあります。

9.187

できるだけバランスよくさしているつもりですが、
なかなか難しいものです。

9.188 9.189 9.186 9.1810 DSC_0335 9.183

新しく生けたばかりの花は、よく水を吸います。
いつもどおり、明日の朝には水を足してやらないといけないでしょうね。

秋季彼岸会

ゆずり葉の碑前にて読経いたします。
ご縁の方はどうぞご参拝ください。(参加自由)

9月23日(火)秋分の日 午前10時より

ページの先頭へ

ホームへ戻る